仕事で早退したら謝ることが大切ですが、早退しない努力を見せることも重要です。嫌われないように!

仕事で早退したら謝ることが大切ですが、早退しない努力を見せることも重要です。嫌われないように!

スポンサードリンク



仕事で早退したら謝ることが大切ですが、早退しない努力を見せることも重要です。

謝る

謝ることも大切ですが、早退しないように努力することも重要です。

体調不良や生理や子供の風邪や家庭の事情などで仕事を早退することもあるでしょう。早退することは仕方がないことですが、あなたが早退した分、他の同僚があなたの分の仕事を穴埋めすることになるので、電話でもメールでも良いので謝る気持ちを伝えることが大切です。

早退できるのは当然の権利だから、謝るなんてことはしない!という態度の人もいますが、そのような人は職場の人間関係がうまく築けないでしょう。会社も仕事も上司や同僚から支えてもらえるから、やっていくことができるのです。

上司や同僚から嫌われてしまえば、あなたの仕事をフォローしてくれる人はいなくなってしまうので、早退や有給を使うこともできなくなってしまうのです。そんなことになれば、働き続けるのは厳しくなってしまうことでしょう。

早退したら、申しわけないという謝る気持ちをしっかりと伝えるようにしましょう。謝る気持ちと同時に、体調不良による早退なら、そうならないための努力や改善方法を実践していることも伝えましょう。健康管理も社会人として必要な能力なので、その努力をせずに早退ばかり繰り返していると、信用を失ってしまうのです。

例えば、身体で弱いところがある場合は、それを改善するために規則正しい生活をしたり、サプリメントを試してみたりなど、そういった早退をして同僚に迷惑をかけないための努力をしている姿をアピールしましょう。

言葉だけで謝るよりも、努力や行動を見せることで、上司や同僚からも信用してもらえるのです。年中、体調不良になり遅刻や早退を繰り返している人は、反省も努力もできないダメな人・・・というレッテルを貼られてしまうのです。


スポンサードリンク



仕事を減らされたり、閑職に追いやられてしまうかもしれません。

やむを得ない理由で早退や遅刻や欠勤をしてしまうのは仕方がないことですが、健康管理ができていないことや、自分の不注意や過失によって早退や遅刻や欠勤を繰り返しているなら、それはもはや、やむを得ない理由とは認めてもらえないでしょう。

制度とか法律的には認められるかもしれませんが、上司や同僚からしたら、「迷惑をかけてばかり・・・呆れてしまう・・・」と思われてしまうことでしょう。そうなれば、あなたの評価は非常に悪くなってしまうのです。

仕事を頼んでも、早退や遅刻で納期が間に合わなくなったり、責任が持てないことが多くなるので、仕事を減らされてしまうことでしょう。責任のあるキャリアやスキルアップにつながるような仕事も担当させてもらえなくなってしまうことでしょう。

長期的に、早退や遅刻や欠勤が続けば、閑職に追いやられてしまうかもしれません。最悪の場合、職務怠慢で解雇されてしまうかもしれません。とにかく早退や遅刻や欠勤を続けていたら、明るい未来はないのです。

そんな悲惨な結末にならないためにも、早退や遅刻や欠勤をしないために、健康管理や自己管理をしっかりとして、せめて同僚に迷惑をかけないように仕事をするように心がけましょう。


スポンサードリンク



もともと身体が弱かったり持病がある場合、それを会社に言う?言わない?

早退や遅刻や欠勤を繰り返してしまう人の中には、寝坊や不摂生が理由ではなく、もともと身体が弱く、すぐに体調を壊してしまう方もいることでしょう。子供の頃から通院や入院することが多く、身体が弱いと大人になってからもすぐに体調不良になってしまうものです。

また、持病を持っている方も少なくないでしょう。そのような場合は、その事実を会社に言うべきでしょうか?言わないべきでしょうか?微妙な問題ですが、できれば言わない方が良いでしょう。身体が弱いことや持病があることを会社に告白してしまえば、当然、責任のある昇進につながるような仕事を任せてもらえなくなってしまいます。

例えば、ビックプロジェクトのリーダーなどに抜擢されても、体調不良や持病のせいで、早退や遅刻や欠勤を繰り返したら、仕事が頓挫してしまうからです。大きなプロジェクトが失敗すれば会社に多大な不利益を与えてしまうかもしれないのです。

また、体力をつかわないような閑職に異動させられてしまうかもしれません。このような理由から、できることなら会社には言わない方が良いでしょう。しかしながら、何度も早退や遅刻や欠勤を繰り返しているなら、言わないというわけにはいかないでしょう。

要するに、どれくらいの頻度で体調不良を起こし、早退や遅刻や欠勤となってしまうのか?それによって言うべきか?言わないべきか?を決めた方が良いということです。頻繁に早退や遅刻や欠勤をするなら、身体が弱いことや持病があることを上司に言った方が良いでしょう。

そうじゃないと、もっとマイナスの評価をつけられてしまいますからね。言う時は、あなたのせいではないので、罪悪感を抱くほど謝る必要はありません。謝るよりも、身体が弱い自分でも会社に貢献できる道をポジティブに探した方が良いでしょう。体力を使わずにできる仕事でトップをとれば昇進の道だって開けるのです!


スポンサードリンク





早退届テンプレート 常識 理由と言い訳